プレミアム葡萄ジュース

わが家の「めでたきもの」

 「葡萄」という漢字が好きです。エキゾチックだし、「葡萄唐草」という古来の紋様もあり、どこか高貴な雰囲気が漂っているというか...。
 だから、健菜のプレミアム葡萄ジュースが発売された時は「漢字のネーミングとは、センスがいい」と思ったもの。味も期待を裏切りませんでした。

パワーワードは カタカナ?

 先日、「グレープジュースはあるかな」と夫に聞かれ、「ないわ」と答えた私。夫が健菜の葡萄ジュースのことを言っていると気づいたのは、5秒後でした。それなら、ちゃんとありました。
 どうやら私は、健菜の葡萄ジュースだけは別物と、他とは区別しているみたい。完全なエコひいきです。
 夫がジュースを所望したのは、数年ぶりにわが家に立ち寄った甥の子に振る舞うためでした。幼い頃は、「大人のための特別なジュースよ」と私がもったいぶって出すと目を輝かせていた子です。
 でも、高校生になった今、その台詞に効力はありません。そこで「白、赤、どちらを飲む?」と質問。
「白はナイアガラ、赤はカベルネソービニヨンよ」
 さらに栽培のこだわりや、搾ってから半年寝かせて澱を沈めるという説明を加えると、彼は「ワインみたいだ」とうれしそう。「ワイン」が高校生を喜ばせるパワーワードだったのでしょう。

高貴な色と 奥行きのある味

 後日、『日本の伝統色』という、170余りの色と名前を紹介している本で、「葡萄色」を発見しました。読みは「ぶどういろ」ではなくて「えびいろ」。プレミアム葡萄ジュースより、渋くてやや淡い赤紫です。その葡萄染の衣は『枕草子』の「めでたきもの」に挙げられているといいます。雅な王朝文化と私の推しジュースは無関係なのに、うれしく思えるのはなぜかしら。
 とまれ、葡萄ジュースが醸し出す特別な雰囲気と、奥行きのある風味が大好き。わが家の「めでたきもの」です。
(神尾あんず)

新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ